405クレンジングコンディショナー

健康

405クレンジングコンディショナーの成分を解析してみました

405クレンジングコンディショナーはどのような成分で構成されているのでしょうか。
その成分解析について調べてみました。

 

↓405クレンジングコンディショナーについてはこちら(公式サイト)↓
たった1本で4つのヘアケアを実現するクリームシャンプー

 

405クレンジングコンディショナーの成分

405クレンジングコンディショナーに含まれる主な成分は次の通りだそうです。

 

  • グリセリン…保湿のための成分
  • セタノール…エモリメント効果によって保湿作用をもたらす
  • セテアリルアルコール…保湿成分及び乳化作用
  • ステアラミドプロピルジメチルアミン…帯電防止や髪をサラサラにする作用
  • カミツレ花エキス・プルヌスセロチナ樹皮エキス…保湿効果や頭皮の健康に作用する成分
  • ローズマリー葉エキス・アボカド油…髪の潤いに作用して、しっとり感を与える
  • アーモンド油、アロエベラ液汁…髪のツヤを増やす
  • 加水分解シルク…保湿効果やダメージヘアを補修する作用
  • メントール…髪に清涼感を与えす爽快感成分

 

グリセリン・セタノール・セテアリルアルコール・ステアラミドプロピルジメチルアミンは一般的な同種のシャンプーにはよく含まれる成分なんですが、これらはその配合量も多く髪の仕上がりに大きな影響がある、いわば主要成分です。

基本的には成分の乳化作用とオイルクレンジング効果で頭皮の汚れをとる作用は同じで、アーモンド油などに含まれるオレイン酸などにその役割があります。
あと、特徴的と言えるような成分は特にありませんが、あえて言うならば加水分解シルクくらいですかね。これは保湿に加えてダメージヘアに吸着することで髪の補修効果を得られる優秀な成分です。

次に、人によって受け取り方がそれぞれ違うかな?というのがメントールとシリコン成分ですね。

メントールは、各種の成分にも含まれていてご存知の通り、頭皮を「スーッ」とさせる爽快感が得られるので、
ともすれば重くなりがちなクリームシャンプーとは相性の良い成分と言われているそうです。
逆にシリコンは「不要なんじゃない?」と思われる方もいるかもしれませんね。
シリコンを含むことによって手触りの良さが得られますが、髪のボリュームを少なくさせる原因になったり
長期間使用するとベタついたりしてしまうケースもあるので、クリームシャンプーにはいらないという意見もあるようです。

 

405クレンジングコンディショナーのヘアケア

 

1.シャンプーの代わりにトリートメントで「洗う」
2.コンディショナーに求められる高機能の「保湿」成分。
3.厳選した天然成分によって「補修」するトリートメント効果。
4.日頃のマッサージ習慣を定着させるため心地良さを求める「頭皮ケア」

1本でこれらの「保湿」「補修」「頭皮ケア」などの働きをするのが405クレンジングコンディショナー、というわけですね。
その使い方は

 

  • 髪をすすぐ
  • なじませる
  • マッサージ
  • 洗い流す

 

の4ステップです。

結論
結局、この405クレンジングコンディショナーには「仕上がりを良くするための成分」がそれぞれバランスよく配合されているというのが大方のご意見のようですので、とりあえず「クリームシャンプーの良さを実感たい」という人にとっては
オススメと言えるのかな?と思います。

 

↓405クレンジングコンディショナーについてはこちら(公式サイト)↓
たった1本で4つのヘアケアを実現するクリームシャンプー

-健康
-, ,

© 2021 快適生活を目指したい! Powered by AFFINGER5