健康

「どくだみ青汁酒・十黒梅」が咳に効くたったひとつの理由

2022年7月5日

どくだみ青汁酒・十黒梅

「どくだみ青汁酒・十黒梅」が咳に効くたったひとつの理由は、古くからその効果が認められてきた「どくだみ」の効果を最大限生かすために「生搾り」にこだわって作られているからです。

 

咳でお困りの方は公式サイトをご確認の上、ぜひお試しください。
↓↓
公式サイトはこちら

 

「日本の三大薬草」の一つ

 

 

どくだみはゲンノショウコやセンブリと並ぶ「日本の三大薬草」と言われています。

そもそも、その名前の由来自体が「毒を矯める(「ためる」=悪い物を良くするという意味)」というその働きから 「どくだみ」と呼ばれるようになったという説があります。


このどくだみは、平安時代から現代にいたるまで「10個以上の力を持つ」とされ1,000年以上も多くの人に重宝され続けてきました。

そのように、長く愛され・信頼されてきた歴史があるどくだみは一過性のブームとは異なり一生愛用するのにふさわしいものと言えます。


どくだみの活用例

そのどくだみの葉や茎を乾燥させたものが「十薬(じゅうやく)」という生薬です。

 

十薬とは?
どくだみを乾燥させて作られるが、生でそのまま用いられることもある。 薬効の多いことがその名の由来で強い抗菌力があり、便通改善や利尿効果・化膿止め・かゆみ止めなどの効能があるとされています。
また煎じて飲むことにより動脈硬化の予防・解熱や解毒などの効果も期待できると言われています。

 

 

どくだみの効果を最大限生かすための工夫

薬草として古くから効果があるとされてきたどくだみ。

それをさらに、生で搾って効果を最大限に発揮するために「生搾りどくだみ青汁酒・十黒梅」の製造元は「生搾りどくだみ青汁酒・十黒梅」に工夫を重ねてきました。

 


「生搾り」をそのまま発酵させて使用

自然素材を生かして、どくだみの搾り汁・黒糖・梅肉エキスを酵母菌で発酵させた「生搾りどくだみ青汁酒・十黒梅」は

着色料や調味料・保存料・防腐剤はもちろん、水やアルコール液も使用せずに作られています。

 


自社所有の農地・工場で栽培から製造まで一貫管理

 

製造元の株式会社食援隊は高知県黒潮町に農地を所有し、無農薬のどくだみを栽培しています。

また収穫後の「搾り加工→酒造」も自社工場で一貫して行い品質確保に努めており、その結果が多くの方に評価されて愛飲されています。

※インターネットだけでこれまで約35,000名以上の購入者がいらっしゃいます。

 


毎日飲む続けられるような工夫

でもどんなに効果があっても、どくだみには「臭い」「おししくない」という弱点があります。

これでは毎日は飲めません。というわけで「生搾りどくだみ青汁酒・十黒梅」は「おいしさ」という味の面にもこだわました。

そのために何度も試作を重ねた結果、黒糖のコクに梅肉エキスのさわやかな酸味がほどよく合わさって、毎日飲むのが楽しくなるような味に仕上がりました。

 

 

どくだみに含まれる咳対策の成分

 

ケルセチン

ドクダミはその成分としてフラボノイドを含んでおり、その成分が抗酸化作用をもっているとされています。フィンランドで行われた調査ではケルセチンの摂取量が多い人ほど虚血性心疾患での死亡率や喘息の発生率が低いという結果が出ました。
このケルセチンはアンチエイジングに有効なだけでなく生活習慣の予防効果もあります。

 


デカノイルアセトアルデヒド

ドクダミの香りの元になっている成分であり、このデカノイルアセトアルデヒドには強い殺菌作用があります。

 

でも
このデカノイルアセトアルデヒドは乾燥すると、その成分が飛んでしまい、なくなってしまいます。強力な抗菌作用と殺菌作用を持つデカノイルアセトアルデヒドが失われてしまっては、どくだみはその活用を発揮できません。


そこで、乾燥させない「生薬の状態」であるならば、どくだみの効果をふんだんに得ることができるというわけです。でも、いくら「生薬が良いと言っても生薬の状態のどくだみは、そのにおいが大きな特徴ですので「飲む」となるとかなりきついのです。

 

「どくだみ青汁酒・十黒梅」の咳どめに関する口コミ

「どくだみ青汁酒・十黒梅」を実際に飲んた方の口コミを咳どめに関する内容に絞って、ご紹介します。

 


咳が止まった

友達に頼まれて購入をしました。
飲んで三日目で咳が止まり、鼻炎だったのですがアレルギーの薬も必要がない位効果があったそうです。
中度のアスピリン喘息と重度の蓄膿症がある私も購入をしようと考えてます。

 


咳がでにくくなりました

20日前に風邪をひいて、それからずっと咳が続いていました。
特に夜中がすごくて寝不足でした。お医者さんでもらった薬も効いてる感じがなく、こちらの商品を購入しました。
飲んですぐに、喉の違和感が軽くなったように感じました。
それからいつもよりかなり寝ることができました。
今日で三日目ですが、夜咳で起きることがなくなりました。
本当によかったです。どくだみの良さは知っていましたが、こんなに効果が感じられて驚きました。

 


咳によく効きます

咳がひどく、いつまでも止まらないので、試しに購入しました。
おちょこ1杯ずつ毎日、寝る前に飲んでいました。
その結果、咳が止まりました。
正直、びっくりしてます。

 


お酒がとても苦手なのに美味しいぞ!?

震災以降の疲労で風邪をこじらせ、咳が止まらなくなって3週間。
寝ていても咳で目が覚めて悪循環の日々に、病院から処方される大量の薬…。
これでは…と、すがる思いで注文しました。

お酒がとても苦手なのですが、あれ!?お酒のにおいは結構するものの、
口にすると黒糖の味が一番して、口の中にお酒の香りは確かに少し残るものの
凄く飲みやすい!?凄く不思議な感じです。香りは残るけど、味は残らないので飲みやすいです。

ただ、本当にお酒は苦手なので、一度に30mlはきついかな?と少しだけ飲んで、慣れたら少しずつ量を増やそうと思っています。

精神的にも、体力的にも疲れが溜まって体に影響が出ているのですが、なるべく薬品には頼りたくないという気持ちが強くなり

どうせ通院や薬代でお金をかけるなら、こちらの方が安いのかも…と思い注文してみましたが、それはもう少し続けてみなければ

まだ分かりませんが、正解だったのかもしれません。被災についてのお見舞いメッセージ付きで、とても心がこもった対応に温もりを感じました。

続けてみて体調を崩しにくくなるなど、明らかな効果を感じたら、是非継続していこうと思います。

【出典:楽天市場「どくだみ青汁酒・十黒梅」みんなのレビュー https://review.rakuten.co.jp/item/1/198659_10000004/1.1/a3-ev5/】

 

 

「どくだみ青汁酒・十黒梅」の特徴(まとめ)

咳止め効果に優れている「どくだみ青汁酒・十黒梅」ですが、それ以外にはどんな特徴があるのでしょうか。ご紹介します。

 

✅安心して飲める天然素材
古くから健康食品として使用されてきたどくだみ、黒糖、梅を使用したどくだみ青汁酒・十黒梅。どくだみは高知県黒潮町の自社農地で栽培されたもので、無農薬で育てられています。


黒糖は沖縄特産加工黒糖。天然ミネラルが豊富で、深みとコクのある味が特徴です。酵母菌の発酵を助ける役割もあります。


梅は紀州産の生梅を梅肉エキスにして使用。クエン酸やポリフェノールが豊富で、甘みのある酸味を足してくれます。これらを酵母菌で発酵させて作られており、着色料や調味料、保存料、防腐剤は不使用、水やアルコール液も使われていません。


✅さわやかな味
どくだみと言えば、あの独特なにおい。そのまま搾ったものだったらとても飲めそうにないですよね。


「どくだみ青汁酒・十黒梅」は黒糖と梅肉エキスを加えることで、甘さと酸味が絶妙にマッチし、さわやかで飲みやすい味になっています。
また、アルコール度数8%とやや高めなため、お酒感を減らそうと何かに混ぜて飲むという人も多くいます。お湯や炭酸、牛乳、野菜ジュースなどに混ぜるとさらに飲みやすくなるようです。


✅どくだみを生搾り
崇城大学名誉教授・村上光太郎さんのアドバイスにより、どくだみの生葉をそのまま搾った生搾り製法を採用しています。この方法は、アルコール液にどくだみの葉を漬け込んで成分を抽出させる方法に比べて、濃度が段違い。

どくだみの有効成分がギュッと濃縮されています。実はこのどくだみ搾りには、これまで専用の機械が存在しませんでした。そのため機械の専門家と何度も協議を重ね、どくだみ農園設立と同時に工場を所有、自らどくだみのしぼり汁を加工するようになりました。

咳止め効果のある「どくだみ青汁酒・十黒梅」。生のどくだみを搾り発酵させたお酒は、どくだみ本来の力を余すことなく摂取することができます。

「十種類の薬効がある」と言われているどくだみは、咳止めのほかにも便秘の改善、血圧降下、血糖値の降下、解毒・殺菌作用があるとされています。原材料はどくだみなど自然のものばかりなので副作用などの心配もありません。

安全で飲みやすく、健康になれる「どくだみ青汁酒・十黒梅」をぜひお試しください。

 

価格・内容量と飲み方

最後に価格・内容量と飲み方をご紹介します。

 

価格

  価格(税込) 内容量
お試し(初めての方) 2.980円 300ml(1日1回30ml×10日分)
通常購入(お得!) 7,150円(1本) 900ml(1日1回30ml×30日分)
定期購入(一番人気!) 6,850円~79,800円 900ml(1日1回30ml×30日分)

 


飲み方

1日1回(おちょこに1杯程度)。生活習慣やライフスタイルにあわせて飲めばOKです。

 

咳でお困りの方は公式サイトをご確認の上、ぜひお試しください。
↓↓
公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

 

-健康

© 2022 快適な生活を目指しましょう Powered by AFFINGER5