暮らし

火災保険一括見積もりを利用するデメリットには何があるの?

2021年9月28日

火災保険一括見積もりを利用するデメリットとは何でしょうか?
その点についてご紹介します。

 

>>住宅本舗の火災保険一括見積もり依頼サイトへはこちら

 

電話やメールで勧誘がある  

一括見積もりを利用する場合はサイトに個人情報を入力して、それが各業者
(保険会社・代理店等)へ伝わる仕組みのため、それを受け取った業者から
の電話やメールでの勧誘がある可能性がある、というのが一つ目のデメリッ
トです。

もちろん、あなたが希望していて、しかも適切な営業なら良いのですが
中には「しつこく勧誘された」などという体験談も少なくないようです。

一括見積もりサイトと言ってもいろいろあり、注意が必要なところもあります
ので利用する場合は安心できるところを使いましょう。

 

共済制度の見積もりは取れない

見積もりが取れるのは主に民間損保のものだけであるケースが多く、安い保険
料で補償を得られる共済制度はだいたい対象外です。ですので共済も選択肢と
したい場合は難しいですね。

 

地震保険の見積もりは取れない

地震保険は損保会社と国が共同で運営している制度であり、会社によって保険料
や補償内容等が異なるわけではないので対象外です。

 

詳細な内容がわかりづらい

一括見積もりサイトは対面営業等ではなく「ネット」や「メール」のみで行うので
簡単・便利な一方、資料を使って詳細までしっかり説明してくれるわけでは
ないので細かい内容までわからなかったり、疑問点への回答などが期待できない
可能性があります。

ですので補償内容でわからないことがあった場合は、多少不満が残るかもしれま
せん。

 

団体割引が受けられない

金融機関や住宅メーカー経由での火災保険加入だと「団体割引」があるケース
がありますが一括見積もりサイトからの契約では通常これが受けられません。

デメリットがあるとはいっても便利さがあり、何より安い保険料で契約できる
一括見積もりサイト。しっかりデメリットも理解した上で利用されるのであれば
良いかもしれませんね。

特によく言われる電話やメールで勧誘があるですが

住宅本舗の火災保険一括見積もり依頼サイトでは見積もりを行う保険代理店を
1社に限定しているので、無駄な営業電話などはないということであり、特に
この点が心配な方にはオススメですね。

 

>>住宅本舗の火災保険一括見積もり依頼サイトへはこちら

 

-暮らし
-,

© 2021 快適生活を目指そう! Powered by AFFINGER5