健康

前田の菊芋で血糖値改善!その効果を発揮する飲み方4つのポイント

2021年5月1日

前田の菊芋で血糖値改善!その効果を発揮する飲み方4つのポイント

前田の菊芋で血糖値改善の効果を発揮する飲み方のポイントは

飲むタイミング:食前もしくは就寝前
飲む量:粒タイプの場合は1日15~20粒、顆粒タイプについては1日2~6包
他の食べ物や薬と一緒でもOK?:OK

の4つです。

 

今なら初回限定キャンペーンが
お得な公式サイトはこちら
↓↓
公式サイト

 

日本の五大疾病の一つである「糖尿病」、予備軍も合わせるとその罹患者は約1000万人とも言われています。
血糖値を下げるサプリメントとして今注目されている「前田の菊芋」について「血糖値改善に有効なのか」や「飲み方」についてお伝えします!

 

前田の菊芋 血糖値改善の効果

サプリメント、前田の菊芋は血糖値改善に有効なのでしょうか?
結論としては…ズバリ、「有効である」と言えそうです!その根拠の一つとして、50~80代11人の男女が前田の菊芋を3か月間試したデータを引用します。

空腹時血糖値という指標が126以上だと高血糖であると診断されるのですが実験前の空腹時血糖値は、被験者の11人全員が126以上を示しておりました。この11人全員が、前田の菊芋を摂取した3か月後には126以下の数値に収まっています。

途中経過を見てみると、1か月目で半数が126以下になり、2か月目には9人が126以下になりました。菊芋には「イヌリン」という水溶性食物繊維が含まれており、糖質の余分な吸収を抑える働きがあり、さらには、腸の働きを整える善玉菌の栄養となるため、カラダを内側からキレイにすることにも役立つそうです。

 

 

前田の菊芋って何?

「前田の菊芋」とは業界トップクラスのイヌリン含有量68%が特徴のサプリメントです。

高品質な菊芋の成分をぎっしり濃縮して作られており、新鮮なうちに抽出されたエキスこだわりたっぷりの成分で健康増進をお手伝いするサプリが「前田の菊芋」なんです。


特徴

 

多くの含有量!イヌリン68%
有機栽培で育てた菊芋からつくった含有率68%のサプリメントです。

こんな悩みをお持ちのあなたにこそ試してもらいたい!

甘いものや炭水化物がやめられない、健康診断の結果がかんばしくない

 

そんなあなたにこそ「前田の菊芋」がサポートしてくれます。

 

豊富な食物繊維

イヌリンという物質はつまりは、食物繊維の仲間です。しかも余分なものを包んで外に出す働きをしてくれます。


「イヌリンが入ってさえいればどれでも同じ」ではありません!

菊芋サプリメントを選ぶ時は、サプリのに含まれるイヌリンの量によって選ぶことが大事です。

全国で50~80代の老若男女によって!大学研究機関でのモニタリング実施!3か月の検証で効果を確認しました。

 

 

●さらに「前田の菊芋」には3つのこだわりが!

完全有機栽培「土へのこだわり」
菊芋は強いその生命力によって1年かけて、その植えられた土地の栄養分をすべて吸収します。例えばドイツの菊芋農家の場合だと1年耕作した翌年は休耕して土壌作りだけに専念します。このような方法によってイヌリンたっぷりの菊芋サプリが作られるわけです。

・産地にこだわり
菊芋の原産地は寒い地域のカナダです。だからこそ栄養をたっぷりと蓄えます。前田の菊芋はそのカナダと良く似た気候のドイツ産の菊芋を100%使用しています。

・イヌリンをギュっとサプリ化!

耕作地近くで新鮮な菊芋からエキスを抽出することで高品質な菊芋の成分をそのまま保ち、その後に中の成分の質を落とさないように瞬間冷凍します。
このような前田の菊芋には、多くのイヌリンを閉じ込めるための製法や特徴があるんです。

 


詳しくは

〇1包ごとにイヌリン1.71gを含有

ドイツ産の菊芋(菊芋エキス末)が主な原料として配合されている「前田の菊芋」。

本品1包(2.5g)の中に水溶性食物繊維であるイヌリンを1.71g含みます。

多くの水分を成分に含むイヌリンは腸で善玉菌の食料となり、その活躍を助けます。そして味も毎日飲みやすい、きなこのような味わとなっています。

 


〇ドイツ北部の土壌で培われた菊芋を使用

収穫後の菊芋を皮も含めて全部搾りこみ、濃縮・乾燥・粉砕・粉末化の工程を経てサプリへとなっていきます。

この原料の菊芋は産地にこだわって選ばれ、北緯52度(寒冷地)に位置するドイツ北部の広大な土壌で生産されています。

ドイツの農家によて年に1回だけの収穫された菊芋は、高い品質を保つために同じ土地ではすぐさまの連作をせずに、耕作地を休み翌々年になた栽培されます

 



参考

早稲田大学「まなびのコンパス」 菊芋に秘められた、注目すべき効果


講義では、「イヌリン」という、あまり聞きなれない成分の働きも紹介されました。柴田先生によると、「イヌリン」は水溶性食物繊維で、チコリーや菊芋に多く含まれているそう。便秘改善をはじめとする健康効果が認められていることから、「イヌリン」のサプリメントも広く市場に出回っているのだとか。また、「イヌリン」にまつわるユニークな研究成果もあるようです。

「30名の成人男女を対象に、『イヌリン』を用いた実験を実施したところ、面白い結果が得られました。実験の内容は、30名のうち15名には朝食時に菊芋パウダーを、残りの15名には夕食時に菊芋パウダーを摂取してもらうというものです。1週間、菊芋パウダーの摂取を続けてもらった結果、朝食時に菊芋パウダーを摂取したグループにおいては、便秘の改善が見受けられました。また、朝食後の血糖値の上昇が抑えられたうえ、昼食後、夕食後の血糖値の上昇も緩やかになっていたことが分かりました」と、柴田先生。

ちなみに、朝食の内容が昼食や夕食後の血糖値上昇に影響する現象は、「セカンドミール効果」と呼ばれているそう。「つまり、朝食時に『イヌリン』のような水溶性植物繊維を摂取すると、昼食後、夕食後も血糖値の上昇を抑えられるでしょう。また、玄米など、植物繊維を多分に含む食材を朝食として摂ると、似たような効果が得られると考えられます」

 

実際の口コミはどう?

~良い口コミ~

  • 以前から糖が気になっていたのですが、前田の菊芋を食前に飲みだして2か月後、しっかりと正常値を維持できました。
  • 夫はもともと血糖値が高めでしたが、今は正常値に。効果があったため、信頼しています。
  • まだ飲んで数日ですが食前の血糖値と食後2時間と3時間の血糖値を計ってみました。結果いつもより20くらい低くなりました。飲んで日が浅いですが何らかの効果はあると思うので続けてみようと思います。

~悪い口コミ~

  • 1袋1か月毎日飲んだのですが、変化がみられませんでした。前田の菊芋は効果なし?
  • イヌリンが糖対策に効果的と聞いたので試してみましたが、1週間ほど毎日飲んでみても血糖値は高いままです。
  • 前田の菊芋をちょうど1か月飲みきるところです。今のところ体調に大きな変化はなく、本当に効果があるのか不安ですね。

 

良い口コミも悪い口コミも見られました。

サプリメントなので当然のこととは思いますが、臨床試験の結果が示す通り、ある程度長期間の摂取を継続しないと効果が感じられにくいという面はありそうです。

 

前田の菊芋の効果的な飲み方は?

飲むタイミングとしては「食前」が最適だそうです。顆粒タイプと粒タイプの2種類があり、顆粒タイプは薬を飲むのと同じように口に入れて水で流し込む飲み方が推奨されていますが、みそ汁などの料理に混ぜても大丈夫ということです。

料理に混ぜられるなんて画期的ですね!粒タイプは、水で飲んでください。摂取量としては毎食前に一包ずつ、1日三包(粒に換算すると毎食前に10粒、1日30粒)飲むことが推奨されています。

 

効果的な飲むタイミングは?

A:前田の菊芋は医薬品ではなくて食品ですから、飲むタイミングは基本的にはいつでも問題ありません。また、前田の菊芋にはたくさんの食物繊維が含まれているので、食前や就寝前に飲めば余計なカロリー摂取を防げます。だから理想的な飲むタイミングは食前もしくは就寝前です。

 

1回あたりに飲む量はどれくらい?

A:粒タイプの場合は1日15~20粒、顆粒タイプについては1日2~6包が目安です。お試ししたい場合は粒タイプであれば1日8粒、顆粒タイプであれば1日1包を目安にするのが良いでしょう。血糖値が高めの方は多少多めに飲むことで、より多くの効果が出ることが多いようです。

 

薬との飲み合わせは問題なし?同時に飲んでも大丈夫なの?

A:前田の菊芋は食品だから、処方された薬と一緒に飲んでも問題ありません。あと、血糖値の変化をかかりつけのお医者さんに報告したり、状況を報告するなどすればより良いでしょう。

 

他の食べ物と一緒に飲んでも大丈夫ですか?

A:他の食品と一緒でもまったく問題ありません。ただし、お酢と一緒に摂取すると、前田の菊芋にせっかく含まれているイヌリンの成分が損なわれてしまいます。だすからお酢を摂った場合は、その後に2時間くらい時間を空けてから摂取するようにしましょう。

 

参考まで

イヌリンとは

菊芋やゴボウ等の主に菊科の植物の根の部分に含まれていて、その他にタマネギやニンニクにも含有されている水溶性の一種の食物繊維。
水溶性の食物繊維は日本の物としては、とうもろこしのデンプンから作られる難消化性デキストリンが多く普及しているのですが、世界的に主に一般的な物としてはイヌリンがあげられます。

 

 

イヌリンの効果

1.食べ過ぎ防止(ダイエット効果)

イヌリンは粘着性がある食物繊維なので、摂取された後、胃腸の中をゆっくり移動して、その結果により空腹になりにくくなり食べ過ぎを防げます。

 


2.血糖値上昇を抑制する

上記のイヌリンの特徴によって小腸で他の栄養素が吸収される速度がゆっくりとなるので、食後において急速な血糖値の上昇を抑制します。

 

3.整腸作用

イヌリンは腸内において善玉菌の格好の餌になって、その増殖を助けるので、腹の調子を整える整腸作用があります。

 

4.コレステロール

粘性を持つそのネバネバさの特徴を活かして、コレステロール等を吸って体の外に便として排出します。その結果として血液中のコレステロール量が抑えられます。

 

まとめ

良い口コミも悪い口コミもありましたが、適量をある程度長期間(3か月程度)飲むことで効果を感じることが出来そうです。サプリを摂取しているから、と安心して食生活が乱れてしまうと血糖値の改善がみられない可能性もあるため、基本的には正しい食習慣を送りながら、その補助として前田の菊芋を摂取することを心がけましょう!

 

今なら初回限定キャンペーンが
お得な公式サイトはこちら
↓↓
公式サイト

 

 

 

-健康
-, ,

© 2022 快適な生活を目指しましょう Powered by AFFINGER5