MOVA

IT

MOVA動画スクールってどうなの?その仕組みについてお教えします

2021年9月5日

 

「MOVA動画スクールに関心があるけど、どんなスクールなんだろう」そんな疑問
をお持ちのあなたのために調べてみました。

 

 

↓MOVAについてくわしくはこちら↓
オンライン+オフライン動画クリエイタースクール【MOVA】

 

MOVA動画スクールって?

MOVA動画スクールとは公式サイトによると以下のような特徴を持った
スクールです。

 

プロ育成のための動画編集スクール

生徒が起業や独立までできるようなレベルに達することまでを想定した
クリエイターのためのスクールがMOVAであり

  • 「副業を行えるレベルまで」の一般的なスクール
  • 動画の編集技術だけをオンライン上で学ぶ動画スクール

とは異なり、フリーランスとして動画編集専業でやっていく「プロクリエ
イター」の育成を想定して動画編集の知識やスキルのみならず、マーケテ
ィング・企画・独立後の仕事を獲得する方法など、スクール卒業後のプロ
としてのやりようまでを学べるカリキュラムとなっています。

 

少人数制のオンライン&オフライン授業

1年間のカリキュラムでは

  • オンラインによる動画学習
  • プロの動画クリエイターから直接教えてもらえる少人数でのオフライン授業

を受講することによって、動画クリエイターとして生きてゆくことに必要な姿勢
や技術を学んでいくこととなります。

特に、実際に外に出ての撮影やチームの一員としての作品制作などは、オフライン
だからこそできる授業なのでオンラインだけでは無理な、より実践的経験を積む
ことができます。

実際に動画制作案件に在学中に取り組む
これが他スクールにはないMOVAの大きな特徴のようです。

そうして実際の動画制作作業を学び、スクール卒業後には
「動画案件の受注から納品まで」をこなせる「プロの動画クリエイター」
になれる、というわけです。

 

事前の無料個別相談・説明会

MOVAに入学しようか迷っている人にぜひ受けてみて欲しいのは無料個別相談
説明会です。これは、スクールに入学する前に知りたいことを全て教えてくれる
相談会のようなものです。

  • 実際にどんな映像を作れるようになる?
  • 動画クリエイターってどのような仕事?

などの初心者がよく抱える疑問に、無料で丁寧に答えてくれます。

多くのスクールでは、案内に学習内容や卒業後の進路などは書いてあります
が、それだけでスクールの内容全部を知ることは難しいですよね。
しかもカウンセリングはMOVAのスクールで行うので、授業の雰囲気やどんな
講師がいるのかなどもご自身の目で確認することができます。

 

通学型での実践指導

MOVAは通学型のスクールなので、講師(全員が実際にフリーランスとして
活動しているプロ)がいつでも身近にいて指導、生徒の疑問や不安を解消して
くれます。

これはかなり重要で、動画編集を初めて学ぶ人は特に動画編集ソフトの使い方
から専門用語まで、わからないことだらけです。

そこでつまずいてしまうと、その後学ぶのが嫌になってしまい、挫折する可能
性がありますよね。

初心者ほど、疑問が生じたときにすぐ解決した方が良いということです。

わからないことをそのままにしないで、いつでも一緒に解決してくれる講師
がいるのは、とても心強いですね。

 

MOVAのデメリット

一方、MOVAで動画を学ぶことによるデメリットもあります。

MOVAの受講期間が1年間ですが、これは他の動画編集スクールと比べても
長い期間となります。

ですので、その方の本気度合いが問われます。つまり、それなりの意気込みを
持って「動画制作・編集スキルを勉強したいという方でなければ続かない」と
いうことです。

とは言っても、逆に言えば「フリーランスでやっていくためのスキルや能力を
身につけるということは、それだけの期間が必要」ということです。

その意気込みさえあれば、この1年という期間は決してデメリットばかりでは
なく、逆に1年間しっかりと集中的して実践的でハイレベルなスキルを学べる
というメリットと言えるのではないでしょうか。

 

MOVAの料金

MOVAは1年間で3つのコースを履修するという形のスクールでして

その授業料は一括払いの場合

660,000円(税込) であり

分割払い、クレジットカードの利用もできるそうです。

オンライン・教室のいずれかの形式で現役でもある講師の学習サポートがあり
卒業後にフリーランスとして生きていけるための知識やスキルが身につく
思えば、決して高い金額ではないと思われる方も多いのではないでしょうか。

 

MOVA動画スクールの仕組み

 

カリキュラム

(基礎)BEGINNER class 2ケ月
  動画編集ソフトの基本的な操作方法や動画制作の一連の流れ等を学んで
  プロモーションビデオや自己PR動画の制作を行います。

(応用)STANDARD class 6ケ月
  BEGINNER classで習得した基礎をさらに発展させます。
  自分で撮影した映像の編集をしたり、業界の最新情報を現役クリエイタ
  ーである講師から得たりします。またクリエイターの「履歴書」である
  「ポートフォリオ」作りにも取り組みます。

(実践)EXPERT class 4ケ月
  実際のクライアントから動画制作の依頼を受け、まずは現役クリエイタ
       ーのアシスタントとして一連の作業に携わります。
  さらにその次は、ご自身一人で「企画から納品までの仕事」を担当する
        実務経験を積んで、卒業後の仕事のイメージを固めていきます。

 

このようなカリキュラム受講を通じて「卒業後には専業プロ」を目指せると
いうわけですね。

 

実際のMOVAの様子です。生徒さんが撮影〜編集まで行ったものだそうです。

 

参考まで

おすすめの動画編集スクールを教えてください 

このご時世ですから教室講座ではなくオンラインだと思いますが、オン
ラインにもカリキュラムにそって動画配信(原則自分都合で視聴出来る)
のタイプと、インストラクターと対面式で画面共有しながら質疑応答
するタイプ(リアルタイムで視聴日時が拘束され、後日録画配信もある)
があります。

前者は比較的リーズナブルで後者は結構な受講料となるのが普通です。
おススメなら断然後者です。本人の吸収力と努力次第といってしまえばそれ
までですが、前者はアプリの使い方を覚えたという自己満足で終わる可能性
大だと思います。課題はあると思うのでまず全部提出することです。

後者はより実践的になると思います。

また、動画編集をAdobeでいいますと、Premiere prとAfter Effectsはセット
ですので(出来ればIllustratorとPhotoshopもあればベター)なかなかの難
しさです。そもそも動画編集に対応したPCなどの設備費も必須になります。

結論として趣味ならスクールの初級コースでもまあまあOK。将来仕事に繋
げたいのであれば必ず中級コースまで受講することですね。

裏情報をふたつ。Adobeと提携しているスクールに入学するとAdobeCCが
ほぼ半額購入出来ます。またスクールによっては卒業後も編集の仕事の
募集をかけてくれる所が多いです。これは親会社が動画制作会社の例が多い
からです。

スクールを選ぶときは、AdobeCCが半額(最長3年分の所もあります)に
なるか、卒業後も仕事の募集があるかをセミナーなどで質問してみること
です。
対応が悪かったらやめることです。具体名をあげられないのは、あなたに
とって妥当かどうかが判断出来ないからです。

【出典: https://is.gd/f5zCaR】

 

「フリーランスの動画クリエイターになりたい」「一緒に動画クリエイター
を目指す仲間が欲しい!」とお思いのあなた、まずは無料個別相談や説明会
へ気軽に参加してみてはいかがでしょう。目の前に道が開けるかもしれませんよ。

 

↓MOVAについてくわしくはこちら↓
オンライン+オフライン動画クリエイタースクール【MOVA】

 

 

-IT
-, ,

© 2021 快適生活を目指したい! Powered by AFFINGER5